HOME / PRODUCTS / オンボードプログラマ / 単一電源タイプ


 

FLASH2FLASHMATE5V1及び USBスタータキットM15F・M12F・M18F

ご利用のユーザー様へ

次の不具合が確認されましたので、至急ご確認下さい。 FLASH2  FLASHMATE5V1  USBスタータキット

 

製品名称: FLASH2                                               PageTOP

▼該当マイコン  付属コントロールソフトFLASH2forWin ver.3.9.0まで DOS版 ver.3.30まで

H8Sシリーズ 

H8S/2199F H8S/2212F H8S/2214F H8S/2215F H8S/2218F H8S/2238F H8S/2239F  H8S/2258F H8S/2265F

H8S/2266F H8S/2268F H8S/2282F H8S/2319F H8S/2326F H8S/2636F H8S/2638F  H8S/2639F H8S/2646F

H8S/2648F H8S/2667F H8S/2676F

▼不具合内容

該当マイコンの書込み時、1回から6回の書込みで書込みを終了したビットに対して、その後行う追加書込みが抜けていた

上記マイコンはver.3.9.0以前のコントロールソフトはご利用にならないで下さい。

該当マイコンのご利用は↓ 修正済みコントロールソフト FLASH2forWin ver.4.0.0以降をご利用下さい。

FLASH2forWin ver.4.0.3 インストールファイルFLASH2.msi

Windows95/98用 ⇒InstMsiA.exe1477KB Windows NT/2000用⇒InstMsiW.exe:1475KB

1.FLASH2.msiをダブルクリックよりインストールして下さい

2.1でインストールできない場合、ご利用PC環境に合わせてIstMsi.A.exe又はIstMsi.W.exeIstMsi.A.exeをダブルクリックしインストールして下さい

取扱説明書:操作編 / 資料編 (af)

既にご利用のFLASH2本体で、ver.4.0.3のご利用は可能です。

旧バージョンのコントロールソフトをアンインストールされ、ver.4.0.3を再インストールされご利用下さい。

ご迷惑をお掛けしましたことを心よりお詫び申し上げます。

 

 


製品名称: FLASHMATE5V1                                     PageTOP
【2005年以前のファームウエア搭載機ご利用のお客様】
▼該当 IPLMON  ver.1.21 〜 1.24
▼不具合内容
2005年以前のファームウエアでオフライン書き込み時、チェックサムエラーとなるファームがある

  書き込みには問題御座いませんが、エラーとなるファームをお持ちで修正版をご希望の場合はご連絡願います。
  また、下記ご案内のWEBよりダウンロード出来る「ver4.05」にも同様のエラー発生する事がわかりましたので
  修正済みファームウェア「ver4.05a」に変更致しました。

ご不明な点につきましては support@hokutodenshi.co.jp 迄お問い合わせ下さい。
ご迷惑をお掛けしましたことを心よりお詫び申し上げます。
                                            (2007/11/6)

----------------------------------------------------------------------------------------------------

【内部ファーム ver.3.26以前をご利用のお客様】

▼該当マイコン  内部ファーム ver.3.26まで

H8Sシリーズ

H8S/2194CF*** H8S/2199F H8S/2212F H8S/2214F H8S/2215F H8S/2218F H8S/2227F H8S/2238F H8S/2239F

H8S/2258F H8S/2265F H8S/2266F H8S/2268F H8S/2277F H8S/2636F H8S/2638F H8S/2639F H8S/2646F

H8S/2648F SH7018F*  SH7046F*  SH7052F*  SH7065F*  SH7144F*  H8S/2612F** H8S/2615F** H8S/2628F** H8S/2667F** H8S/2676F** 

▼不具合内容

該当マイコンの書込み時、1回から6回の書込みで書込みを終了したビットに対して、その後行う追加書込みが抜けていた

    *・・・7回目の書込みをtsp200(200μs)ではなくttsp30(30μs)としていた、また追書込みを1回から6回で書込みを終えた際とする所を1回から7回で行っていた
  **・・・追書込みtsp10を10μsとする所、5μsとしていた
***・・・不要な追書込みを1回行った

上記マイコンはver.3.26以前のバージョンはご利用にならないで下さい。

該当マイコンのご利用は↓ 修正済み内部ファームver.4.00以降をご利用下さい。

コントロールソフト ver.1.4.7

FLASHMATE5V1forWin.msi:1701KB Windows95/98用 ⇒InstMsiA.exe:1477KB
Windows NT/2000用⇒InstMsiW.exe:1475KB  
1.FLASHMATE5V1 for Win.msiをダブルクリックよりインストールして下さい

2.1でインストールできない場合、ご利用PC環境に合わせてIstMsi.A.exe又はIstMsi.W.exeIstMsi.A.exeを ダブルクリックしインストールして下さい

IPLMON 適合ファーム
ver.1.25 ver4.04
ver.1.21〜1.24 ver4.05a
ver.1.26 ver4.06
取扱説明書:操作編 / 資料編 (af)

既にご利用のFLASHMATE5V1本体はコントロールソフトからファームの更新操作が可能です。FLASHAMTE5V1本体を接続状態で、コントロールソフトにバージョン情報が表示されます。IPLMONバージョンに応じて、適合バージョンファームへと更新操作を行います。ファーム更新操作には、ver.1.4.7以降のコントロールソフトが必要です。旧バージョンコントロールソフトをご利用の場合は、更新操作前にアンインストールし、ver.1.4.7をインストールされてから更新操作を行って下さい。

ご迷惑をお掛けしましたことを心よりお詫び申し上げます。


製品名称: USBスタータキット M15F・M15UF・M15RF・M15RUF                  PageTOP

▼該当基板  HSB8S2215ST   VER.E++

▼不具合内容

抵抗 R9が一部ロットにより値が異なり、機能によって正しく出力されない現象が起きていた

▼対策

【1】お客様ご自身で 抵抗R9部分をハンダショートしてご利用頂く  

  R9部分の詳細は下記基板バージョン及びR9確認方法と対処方法」 をご確認願います

 

【2】弊社に一度返却頂き、正しい抵抗に取り替える(送料着払いでご送付願います)

≪ご送付・ご連絡先≫

〒060-0042 札幌市中央区大通西16丁目3-7

株式会社 北斗電子  2215抵抗値修正

TEL:011-640-8800 FAX:011-640-8801

E-mail:support@hokutodenshi.co.jp

 

ご送付の際は必ず「2215抵抗値修正」ご明記願います。

宛先に2215抵抗値修正 とご明記がない場合、着払いでの
受け取を致し兼ねますので、ご了承願います。

 

 

▼基板バージョン及びR9確認方法と対処方法

ボード名:HSB8S2215ST   VER.E++ 表記場所

・SW2、SW3、SW4、SW5の右下部分に明記されております

抵抗 R9確認方法

【R9の場所】
ハンダ面の中央やや左部分(マイコンの真後ろ)

【R9の値】
12K (123と表記)が実装されています

 

抵抗 R9をハンダショートした状態

・R9 部分がかぶさる様にハンダを付けて修正願います

TEL  011・640・8800  FAX  011・640・8801

E-mail support@hokutodenshi.co.jp

又、ご不明な点につきましては上記連絡先サポート宛迄お問い合わせ願います。

ご迷惑をお掛けしましたことを心よりお詫び申し上げます。誠に申し訳ございません。

何卒、宜しくお願い申し上げます。

                                                         (2009.2.24)

----------------------------------------------------------------------------------------------------

製品名称: USBスタータキット M15F・M12F・M18F                  PageTOP

▼該当マイコン  付属書込みソフト

H8Sシリーズ

H8S/2212F H8S/2215F H8S/2218F

▼不具合内容

該当マイコンの書込み時、1回から6回の書込みで書込みを終了したビットに対して、その後行う追加書込みが抜けていた

上記製品は、↓新バージョン書込みソフトをご利用下さい。

USBスタータキットM12F⇒WR2212.exe USBスタータキットM15F⇒WR2215.exe USBスタータキットM18F⇒WR2218.exe

 USBスタータキットM15F:前掲示バージョンにバグが見つかり、新バージョンを掲示しております 2004.12.13

ご迷惑をお掛けしましたことを心よりお詫び申し上げます。

ご不明な点がございましたら、サポート宛ご連絡をお願い申し上げます。

株式会社北斗電子 

PAGE TOP
Copyright (C) 2007-2012 Hokuto Denshi Co.,Ltd.  サイトマップ